スマートサーブは1日で取れるか試してみた。オンタリオ州公認の資格「スマートサーブ」の取り方

トロントにきて5日目にしてMacbookが潰れた。本当に悲しかった。

落とした瞬間、生まれて初めて本気のオーマイゴットを叫んだ

もちろん、修理には出したが4万円もかかった。

しかし、しょげている暇はない。

早く仕事を見つけて働かないとまたティムホートン(カナダで一番有名なカフェ)で寝ないといけない。

ティムホートンで一夜を明かしたはなしはこちら。

カナダにバックパック1つで6ヶ月過ごす(ミニマリスト1日目活動報告)

Macbookも帰ってきたので、今日は仕事探しに向けてあるチャレンジをした。

スマートサーブという資格を1日で取れるかというもの。

スマートサーブ(Smart serve)とは

トロントがあるオンタリオ州では、

サーバー(レストランなどでお酒を提供する人)が必ず持っていないといけない資格。

これを持っていないとお酒を提供することはもちろん、

職場にあるお酒を整理したりすることもできない。

逆にこの資格を持っていると、

仕事探しにとても有利になるだけでなく、お酒に関する豆知識も勉強できる。

しかも、スマートサーブはオンラインのレクチャーとテストを受けるだけで取れる。

取得にかかる時間は、

公式サイトによると、3-4時間のオンラインコースとその後のテストで合格すれば資格を取れるとのこと。

しかし、日本人によって書かれたブログを見てみると、英語が少し難しいのとカナダの一般常識を日本人が知らないということもあって、1日で集中してやるのは難しいらしい。

 

そこで、今回は日本人のボクが

・たった1日でオンタリオ州公認スマートサーブの資格を取れるか

・実際どれくらいの時間がかかるのか

・スマートサーブの難易度について

レビューしていく。

AM 10:30 近くのスターバックスに到着

発音が悪くて店員に名前をまちがわれる(本当はTaka)

早速、サイトに登録し、レッスンを始めようとしたが、ソフトウェアの問題などで手こずり、いきなりやる気がなくなった。

問題は解決したが、集中力がなくなったボクはInstagram(@takaintoronto)やtwitter(@QjaDr)をいじってしまい、結局勉強を始めたのは11:30ごろ。

勉強をはじめてみると動画やクイズ形式で学べて結構楽しかった。

気づけば、3時間ほど経っており、お腹が空いていた。

transcriptも含めて全部英語なので、英語の勉強にもなる。

PM 2:30 お昼ご飯を食べるために帰宅

トロントのお母さん(ホームマザー)の料理がクソうまい。

ごはんを食べて、Facebook(Takayuki Minamino)なんかを見て、ぼーっとしていて、気づけば4時過ぎ。

再び、勉強を始めた。

レクチャー動画を見たり、知らない単語を検索しながら勉強すること約1時間半。最後のレッスンがやっと終わった。

さっそく、テストを受けることにした。

ちなみにテストは選択式問題で80パーセントが合格ライン。2回まで無料で受けることができる。

オンラインのテストではあるが、Webカメラで監視されておりカンニングはできない仕組みになっている。

10分間監視員待ち。その間に復習をした。

PM 5:55 テスト開始

ゾロ目。

問題数は全部で35問。80パーセント合格なので7問まで間違えられる。

難易度はレッスンの途中に出てくるほぼミニテストと同じレベル(もしくはミニテストで出た問題もちらほら)。

途中で分からない英単語がたくさん出てきて苦戦しながらも、15分ほどで無事解きおわった。(多分、制限時間はない。)

気になる結果は、、、

合否は回答を提出するとすぐに見れる。

何とか1発で合格できた。

途中で文の意味さえ分からない問題も出たものの一般常識でわかる問題が多く、

ちゃんとこれまでのオンラインレッスンを受けていれば運が悪くない限りいけるだろう、という内容だった。

しかし、自分自身の手応え的には80パーセント行くか行かないかくらいで、2回目の受験も覚悟していたので、運が良かっただけなのかも知れない。

まとめ

たった1日でオンタリオ州公認スマートサーブの資格を取れるか

→取れる

実際どれくらいの時間がかかるのか

→集中すれば5時間くらい

スマートサーブの難易度について

→英語がある程度理解でき、しっかりオンラインレッスンを受ければ、まず2回連続で落ちることはない。

ちなみに、僕の英語力はTOEIC890レベル。

フィリピン留学で550点から890点まで一気にあげました。

僕がワーホリ前にフィリピン留学をする3つの理由

おまけ

今回のテストで学んだ豆知識。

1.トロントではレストランでのお酒の提供はAM2:00まで。

2.基本的には

ビール一杯は12オンツ(容量)×5%(アルコール度数)=60(どれくらい酔うか)

ワインは5オンツ×12%=60

テキーラは1.5オンツ×40%=60で、

どれを飲んでも酔い度は変わらない。

3.アルコール一杯は大体1時間で冷める。

逆にいうと1時間に一杯以上のペースで飲むと酔っていく。

おしまい。

Share on Facebook26Tweet about this on Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です